富士の風に吹かれて~契山館 静岡分会

霊的な真実を探る旅に出かけよう!

宇宙の法則≠愛

契山館静岡分会のmr.poraiです。

昨今、ちまたでは「引き寄せの法則」なるものが流行しているようです。

古むかし、「願いが叶う系」の話に興味津々だったのですが、契山館での学びが深まると同時に、関心がなくなってしまいました。

その手の情報をキャッチするためのアンテナが消滅したmr.poraiが、その存在を知ることとなった「引き寄せの法則」とは、世間では相当、有名なのでしょう。

おおよそを知るためネットで検索したところ、「ようもまぁ、出てくるわ、出てくるわ‥、」。

多くの主張を眺めるにしても、眼が作業所閉鎖(ロックアウト)してしまうこと、請け合いです。

よって、たまたま目に付いたいくつかの主張を、mr.poraiなりに理解するため、まとめてみました。

※注 これこそ、個人の理解や見解です。

≪宇宙の法則は愛であり、その人全体の思考や信念の波動(波長)が、宇宙の法則と合致する必要がある。その人の思考や信念が、愛の波動(波長)にシフトする必要がある。≫

≪望みが叶った自分を想像する。望みが叶って幸せである自分を想像し続ける。≫

管見したいくつかの情報から考えまして、これらが引き寄せの法則の核心であるように思えました。

引き寄せの法則を実践されておみえの方々には、さまざまな流儀があるようですし、この理解が間違いであるとお感じの方も、おそらくおられるでしょう。

たとえ、この理解が正しかろうが、正しくなかろうが、mr.porai、引き寄せの法則を実践する心積もりはありません

まず、第一に不思議なのは、「宇宙の法則=愛」という考え方です。

宇宙といえども物質なのだから、そこに働く法則は物理法則でしかないはずなのに。どうして??

まぁmr.poraiの疑問は、疑問として置いておくにしても、実際、引き寄せの法則で願望を達成した人がおられるのでしょうから、人々から一定の支持を受けているのでしょう。

願望の達成は、個人的には喜ばしいことですが、その裏側ではとんでもない企みが仕組まれているのかも知れません。

◆ 『真実を求めて』-悪魔の霊言を知る

https://www.amazon.co.jp/dp/486543187X/

第一章 霊魂の実在  12 除霊は必要? 13 精神病 14 悟り 15 真実を知る者 をお読み下さい。

「スピリチュアルな霊能者」「霊的な波長」という件が書かれています。

御著では「引き寄せの法則」について、直接の言及はありません。

ですがmr.poraiの嗅覚には、世に言う「スピリチュアル」にせよ「引き寄せの法則」にせよ、同工異曲のにおいしか感じられないのです。

「水波霊魂学」を信奉するも、「引き寄せの法則」を信奉するも、自由意思のなせるわざです。mr.poraiのぼやきが何らかの判断材料になれば幸いです。

IMG_1295

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

今日の富士山(2018/10/3)

IMG_2439

by このはのさくや

空(2018/10/3)

IMG_2436

今日の富士山(2018/10/2)

by このはのさくや

IMG_2433

悪いことをすると地獄に落ちる?

昔からよく「悪いことをすると地獄に落ちる」等と、言われることがあります。

それは本当なのでしょうか?

結論から申し上げますと、悪いことをすると地獄に落ちる、というわけではないようです。

まず、「死後の世界」に、地獄があるのかどうかですが、言葉の定義はともかくとして、まるで地獄のような、苦痛と恐怖に満ちたような世界は、確かに存在するようです。

そこで問題なのは、どのような方が、地獄のような世界に落ちるのかということです。

地獄のような世界は、《幽質界》と呼ばれる《死後の世界》の下層部にあります。

重要なことは、死後に《幽質界》下層部の地獄に落ちるかどうかは、《幽質界》の法則、言い換えれば、《幽質界》の側の尺度で決まるということなのです。

物質界と呼ばれる、この世の側の基準、たとえば、物質界の善悪の尺度で決まるわけではないのです。

では、どのような方が、まるで地獄のような、苦しみの世界へ落ちてしまうのかと言うと、物質界では肉体と重なって存在している《幽体》という《霊的身体》の活力がなく、健康状態が悪い方なのです。

《幽質界》では、《幽体》の活力や健康状態が、同レベルの者同士しか、同じ階層に住めないという法則があります。

ですから、《幽体》の活力がなく、健康状態の悪い方が、肉体の死を迎えると、同じような《幽体》の状態の《霊魂》が集まる、《幽質界》下層の、地獄のような苦しみの世界へ落ちてしまうのです。

要するに、この物質界での生き方によっては、肉体と重なっている《幽体》の状態が悪化し、死後《幽質界》へ入ると、下層の世界へ落ちてしまうということなのです。

では、その《幽体》の状態が悪化する原因は何なのでしょうか?

その原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は、《幽質界》の下層から物質界に舞い戻った、不道徳な霊魂や邪霊の、穢れた《幽体》の放つ、性質の低い《幽気(霊的な気)》と接触し、その《幽気》を吸収してしまうことにより、自身の《幽体》も穢れて、その状態が悪化してしまうのです。

現代は、《幽質界》の下層から、大変多くの霊魂が、物質界に舞い戻っています。

彼らは五感には感知出来ないので、目には見えず、接触しても気付けません。

でも、彼らと接触する度に、私達の《幽体》は穢れて、活力を失い、健康状態が悪化するのです。

私達の《幽体》は、高級な《霊魂》が持つ高級な《幽気》と接すれば、活力が高まり、逆に、下層から来ている《霊魂》の持つ低い《幽気》と接すると、活力を失うのです。

もう1つは、人間の発する攻撃的な念を受けることです。

念は物質ではないので、肉体は影響を受けませんが、攻撃的な強い念は、受けた人の《幽体》に突き刺さり、《幽体》をボロボロにして、その活力を低下させます。

先程、悪いことをすると地獄に落ちる、というわけではないと申し上げました。

それはその通りなのですが、悪いことをすると、他の人から、攻撃的な強い念を受けやすくなる場合が多いでしょう。

そして、攻撃的な強い念を受けて、《幽体》がダメージを受ければ、下の方の世界へ落ちやすくなるのは事実です。

それに、たとえ地獄のような世界に落ちなくても、場合によっては、悪い行いが、将来的に霊的な成長を阻害するかもしれません。

やはり、悪い行いは慎んだ方が無難だと言えそうです。

法律は守る必要がありますし、社会秩序を乱すような行いや、社会常識に反するような行為は、行うべきではありません。

ただし、ここで言う悪は、物質界の基準での悪であって、《幽質界》の基準での悪ではないことは、前述の通りです。

さて、それでは、私達は、どうすれば《幽体》の活力を高め、健康状態を高め、死後、地獄のような苦しみの世界へ落ちないですむのでしょうか?

現代は、私達を取り巻く、霊的な環境が悪化しているので、特別な対策を取らない限り、私達の《幽体》の状態が悪化してしまいます。

その特別な対策法が、《契山館》にはあります。

《神伝の法》という《霊的トレーニング法》です。

これが唯一の、確実な対策法なのです。

《神伝の法》を実習すれば、《幽体》に付着した穢れを祓うことが出来ます。

《幽体》の活力が高まって、強いオーラを放つようになるので、不道徳な霊魂や邪霊を、近寄らせにくくなります。

《幽体》の抵抗力が増して、少々の、攻撃的な念を受けても、ダメージを受けにくくなります。

この物質界で生きる間に、《神伝の法》を行えば、以上のように《幽体》の状態が良好になりますから、死後の《幽質界》で、まるで地獄のような、苦しみの世界へ落ちる可能性は、まずなくなります。

どうぞ今こそ、《神伝の法》によって、《死後まで続く幸福》への道へお入り下さい。

あなた様の決断が、あなた様ご自身を救い、あなた様の愛する方々を救い、全ての人類を救うことにも繋がるのです。

なおいー

IMG_0203

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

今日の富士山(2018/10/1)

by このはのさくや

◯ 朝の富士山

IMG_2427

◯ 夕方の富士山

IMG_2428
プロフィール

契山館 静岡分会

このブログの内容は契山館の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として分会は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
水波霊魂学 書籍集(ペーパーバック版)

















































※ Amazonにて販売中!中身の試し読みも可。

ギャラリー
  • なおいー写真紀行第5回、冬の北海道(その5)
  • なおいー写真紀行第5回、冬の北海道(その5)
  • 今日の富士山(2018/10/16)
  • 歌舞
  • 『龍』を読みながら
  • なおいー写真紀行第4回、冬の北海道(その4)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ