富士の風に吹かれて~契山館 静岡分会

霊的な真実を探る旅に出かけよう!

今日の富士山(2019/3/26)

IMG_2904

by このはなさくや

今日の富士山(2019/3/25)

IMG_2903

by このはなさくや

今日の富士山(2019/3/24)

IMG_2901

by このはなさくや

今日の富士山(2019/3/20)

IMG_2898

by このはなさくや

今日の富士山(2019/3/19)

IMG_2894

by このはなさくや

なおいー写真紀行第31回、沖縄(その8)

今回は、石垣島の南6キロにある竹富島(たけとみじま)です。

面積約5.4平方キロ、海岸線長9.2キロ、最高標高約33メートル、人口約350名の平坦な島です。

石垣港からは高速船で10分で、あっという間に着いてしまいます。この航路は湾内のようなものなので、大きく揺れることは、まずありません。

他の離島航路が時化で欠航しても、台風が接近しない限り、滅多に欠航しません。船に弱い方でも、安心して乗れる航路だと言えます。10分なら、酔う前に着いてしまいます。

島内の交通は、徒歩とレンタサイクルが中心です。起伏が少ないので、サイクリングに適した島です。また、予約制の巡回バスやタクシー、更には、水牛車やマイクロバスによるツアーもあります。レンタバイクやレンタカーはありません。

1枚目は、島内を代表するビーチの一つ、カイジ浜です。

IMG_2892

カイジ浜は、星砂が見つかることが多いため、別名、星砂の浜と呼ばれています。星砂とは、砂ではなく有孔虫(ゆうこうちゅう)という原生生物の殻だそうです。

ただし、近年は観光客の増加で、星砂が減少傾向とのことで、見つけても持ち帰りが禁止されているそうです。

次の画像は、竹富島の赤瓦家屋の集落です。

IMG_2893

竹富島集落の景観の特徴は、赤瓦の民家と白砂の道です。文部科学大臣の選定により、1987年に、重要伝統的建造物群保存地区に指定されました。

この集落に初めて赤瓦の民家が建ったのは、100年以上前の、20世紀初頭らしいのですが、集落全体に広く普及したのは、1970年代以降とのことですので、比較的最近のことのようです。

なおいー

 ★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
プロフィール

契山館 静岡分会

このブログの内容は契山館の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として分会は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
水波霊魂学 書籍集(ペーパーバック版)
















































※ Amazonにて販売中!中身の試し読みも可。

ギャラリー
  • なおいー写真紀行第36回、沖縄(その13)
  • なおいー写真紀行第36回、沖縄(その13)
  • 花粉の終わり(2019/04/16)
  • 花粉の終わり(2019/04/16)
  • 今日の富士山(2019/4/16)
  • 今日の富士山(2019/4/15)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ