7/1と言う事で、テレビを見ていると、富士山 山開きのニュースが取り上げられていました。
 
日の出を見ながら、万歳をする人達の姿が映し出され、さぞ、ご来迎は美しかったものと思います。

聞くと、富士山が世界遺産に成ってから、いろいろな問題が発生するように成って来たとの事です。

外国の方、日本人も含め、何故、富士山が世界遺産に成ったのかを知らない方が大変、多いそうです。

その為、単なる観光地としての意識でゴミを捨てる人が急増し、昨年と比べても、ゴミが4割増しに成っているそうです。

そもそも富士山が世界文化遺産として登録された経緯は、富士山に対する信仰、そして富士山を取り扱った芸術に対する文化的価値が評価されたからと言えます。

故に、世界自然遺産や、通常の観光地とは趣きが異なると言えます。

そうした事が周知されていない事を富士山関係者、地元の人達も問題視して、どうやって富士山の本来の価値を、登山者に知って貰うかという事で、取り組みが始まったようです。

まだ取り組みが始まったばかりで、どれくらいの成果が上がるかは分かりませんが、富士山の近くに住む者としては、嬉しい試みだと思っています。

霊的な視点から、現在の富士山はどんな状況と言えるでしょうか?

実は、物理的なゴミばかりではなく、霊的なゴミと言っても過言では無い、低い幽気や、中には霊魂まで、そこに落としてしまっているようです。

目に見えないものを綺麗にする人は誰も居ないので、ひたすら富士山は霊的な穢れが溜まって行ってしまいます。

しかしながら、富士登山は、今に始まった訳では有りません。

日本の古代に於いては、富士山を含めた山々は、神宿る神聖な場所として、生活の為以外には、人が入り込む場所では有りませんでした。

しかしながら、やがて修験道という宗教の勢力が大きく成り、山へ登って修行を行う人達が増えていきました。

修験者はプロまたは、セミプロのような人達ですが、例えば、富士山では、富士講と言って一般の人達が集まり団体を組織して富士山へ登る人達が現れました。

修験者、富士講の人達が多数、富士山へ登るように成りましたが、それでも、富士山が霊的に穢される事は有りませんでした。

それは富士山へ登る人達の、ほぼ全員が富士山の神様への信仰を大なり小なり抱いて登っていたからと言えます。

神を想い、六根清浄のお祓いの詞を唱えながら登る事がごくごく普通の事でした。

今では、そうした事をしていると周りから浮いてしまいますし、変わり者と見られてしまうでしょう。

霊的に穢れてしまう前の富士山は、仮に信仰心を持って、強く清らかな幽体オーラを放つ人が登ってくれば、神の御使い、高級眷属が出迎えて下さり、更に高級な霊的エネルギーを補充して頂ける事も有ったようです。

そして富士山は本来、富士の神霊が力を降ろされる巨大なアンテナで有り、その力を自身の幽体や魂に吸収する事で、霊的な進歩向上、ひいては真の救いへと繋がっていく事が出来るのです。

でも今は、神の御使いが降りて来れない程穢れてしまい、それは不可能と成ってしまいました。

一刻も早く、富士山が本来、信仰の対象であり、霊山である事を多くの方が認識して頂ける事を願います。

更には、私達、契山館の会員は、水波一郎師より、富士の神の神伝としての霊的修行法を授かっています。

もし霊的修行法を多くの人が行なって頂ければ、それは富士より力を引くという事でもあり、霊的に穢れた富士山がアンテナとして真に復活し、日本全体の平和や救いにも繋がっていく事が出来ると思います。

無神論、無信仰の物質文明ばかりが発展し、物は豊かに成っても、心の何処かは空虚な現代において、神伝の法こそ、人の心、魂に高貴な光をもたらすものと信じてやみません。

太郎

422CAA7A-4985-4126-B617-E37C1CB10C77

★水波霊魂学 夏イベント開催中!(アンケート / 動画) 7/1~8/31

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓