契山館静岡分会のmr.poraiです。

今回もmr.porai節にお付き合い下さい。

さて今、伝統文化芸術に脚光が当たっているようで、全国紙の地方欄やローカル紙に、地域地域に伝承されているという『神楽(かぐら)』が、よく取り上げられています。

国、都道府県、市町村の行政は、文化的に価値があるとされる神楽を、文化財保存の目的で、無形民俗文化財に指定する制度があるそうです。

行政は機会を捉え、それら神楽を一堂に会させ、公演を催しているようです。

文化芸術にあまり関心がないmr.poraiではありますが、古る昔、無形民俗文化財に指定されている『神楽(かぐら)』○○フェスタを観覧したことがあります。

mr.poraiが当時勤務していた団体では、職員研修の一環として、文化芸術に触れることを推奨しておりましたので、仕方なく観客席に座らされておりました。

神楽とは、元来、『神を祭る神事において、神前にて供された舞楽』であることは、疑いないと思えます。

神事の一環ですから、歌舞の所作ひとつひとつに意味があるのでしょうし、あるいは『神懸かり』した様子が、舞楽に表現されているのかも知れません。

神事に参加し舞楽に見入る人々も、神への畏敬や尊崇を高めていったのでしょう。

場所は、マグロの水揚げが多く、お茶の香りが名物とされる街の、とある会館の大ホール。

mr.poraiの物憂げな視線の先には、何の変哲もない、単なるステージがありました。

舞楽は次第通りに進み、いよいよ終わりかと観ていると、演舞者一同が観客席に向かい、2拝2拍手1拝をしました。

これを観たmr.porai、「神ならぬ人の身で拝礼された」ため、ビックリして思わず背筋が伸びました。

そして観客席を見回しましたが、真剣に神楽を見終わった感のある人はいましたが、拝礼されてビックリという人は、いなかったようです。

どうやらこの神楽は、最後に2拝2拍手1拝して舞い収める作法だったようです。

ここでmr.poraiの肉の身に、大量のアドレナリンが放出されたみたいで、一気に覚醒し、そして「ある怒り」を覚えました。

『とある大御所歌手は「お客様は神様です。」とか言うとったけど、金儲けの演舞でもあるまいに、所作の一環で省略できへんにしても、観客席に向かって2拝2拍手1拝はあらへんやろ!』

『「お客様は神様とちゃう!」。観客に背を向け、上空におられる神を想定して、2拝2拍手1拝せんだら、観客ともども神の御加護を願ったことにならへんやろ。』

ところが、mr.poraiの怒りとは無関係に、演舞者一同も所作の一環で行ったに過ぎず、観客も2拝2拍手1拝につき、特別な感慨は抱いていないのも明白でした。

mr.poraiこころの声‥霊的な意味があったであろう作法も、無形民俗文化財保護の傘下に入れば、哀しいかな2拝2拍手1拝ですら一連の所作として処理されてしまう‥

元来、2拝2拍手1拝とは神を拝む作法であり、神社等で行う「おはらい」にも、この作法は付き物ですが、伝統的神拝作法について詳しいのは以下の御著です。

『霊魂に聞くII』 - 宗教について高級霊魂は何を語るのか


この御著の第二章「神道」を御覧になれば、あだやおろそかに「2拝2拍手1拝」をすべきでないことは明白であります。

F5A1D58C-AE7D-4CCF-99D9-98C48D8753DF

★水波霊魂学 夏イベント開催中!(アンケート / 動画) 7/1~8/31

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓