契山館静岡分会のmr.poraiです。

今回もmr.porai節にお付き合い下さい。

皆様は「富士山登山ルート3776」というものをご存じでしょうか?

実はmr.poraiも、つい最近まで知りませんでした。

これは、富士南麓所在の、市域に海岸を持つ市が設定した登山ルートで、海抜0メートルから富士山頂(標高3776メートル)を徒歩で目指す、全長約42kmの新たな登山ルートだそうです。

全行程徒歩の場合、3泊4日が推奨日程とのことで、このルートのウリは、

「あらゆる視点からの富士山眺望」

「多くの先人達が歩いたとされる海からの富士登山の歴史」

「富士山や駿河湾といった恵まれた自然により形成された観光資源や産業資源等」

というらしく、

「このルートでしか楽しむことのできないオンリーワンの魅力が満載です」と紹介されておりました。

徒歩で行くだけあって、ずいぶんと日程はかかり、まちなか区間~まちなか近郊郊外区間~林道区間~広域林道~富士宮口6合目までで、3日間かかるそうです。

富士宮口6合目~富士山頂までは、一般的な登山者と同様「登山道富士宮ルート」を通り、しめて3泊4日の行程と紹介されていました。

そこでmr.poraiに疑問が生じました。

mr.poraiこころの声『この行程で「富士山頂上」に到達できるのは判った。でも「山に登ったら下りる」必要があるんだけど、その点どうなのかなぁ?』

そこでmr.poraiは、富士登山経験者に訊ねてみました。すると

富士登山経験者『山頂から富士宮口5合目までの下山は、徒歩で3時間もあれば可能で、その後バスで最寄りの新幹線駅に行けばOK。だからことさら下山について触れていないと思う。』

とのことでした。

mr.porai『日本一高い山ですけど、下山が比較的容易なのですね。でも、富士山は霊山と言われていますから、何かこう「おごそか」とか「神秘的」とか、そのような雰囲気はありましたか?』

富士登山経験者『私が登山したとき、幸い天気が良かったので、山頂で「ご来光」(日の出のこと)を見た時は感動した。これぞ富士登山の醍醐味という思いがした。』

mr.porai『富士山頂の日の出の美しさはTVで見たことがあります。折角霊山に登られたのですから、何かこう、たとえば山頂の神社で神様を拝んだとか、なさいましたか?』

富士登山経験者『神社?‥そう言えば山小屋では登山杖に焼き印してもらったけど、頂上の山小屋に焼き印はなく、「杖の印は神社で」って言われたなぁ。』

mr.porai『神社で焼き印をして貰ったのですね。』

富士登山経験者『いや、神社では焼き印じゃなくて、杖に刻印をして貰った。刻印の際、大きな音がしてビックリしたけど、この刻印をゲットして、富士登山の達成感があったなぁ。』

mr.porai『‥‥』

・・・・・・・・・・

その後mr.poraiは、何名かの富士登山経験者に話を聞いてみました。

悪天候で登山を断念した方、山頂にはたどり着いたもののご来光は雲に隠れて見ることができなかった方、高山病で苦しんだ方等々、富士登山あるある四方山話を聞くことができました。

ですが、残念なことに、富士山を霊山とあがめ拝するというような、信仰に関わるお話しは、一向に聞くことができませんでした。

せいぜい「富士山頂にも神社があって、御守りを買った。」とか、今はやりの「御朱印を書いてもらった。」程度の話に留まりました。

そう言えば、冒頭で紹介した「富士山登山ルート3776」でも、「多くの先人達が歩いたとされる海からの富士登山の歴史」をウリの一つにしていましたが、所詮は富士登山ですら‥。

「富士山や駿河湾といった恵まれた自然により形成された観光資源や産業資源等」のカテゴリーに、からめ取られてしまう消息が、話を聞けば聞くほどハッキリしただけでした。

このブログの読者の大方はご存じとは思いますが、やはり富士山は特別な霊山なのです。

★『神伝禊法』-新時代の霊的トレーニング(ペーパーバック版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4865430105/

★『神伝禊法』- 新時代の霊的トレーニング(電子書籍版)

この御著の第二章「日本古来の修行法」所収の「二、富士」「三、富士の神」を御覧下さい。

★ 『たましいの救い』-人は表面の心だけで生きてはいない
https://www.amazon.co.jp/dp/4865436413/

この御著の第十章「魂」所収の「3 富士の秘密」を御覧下さい。

ところで、mr.poraiは、拙稿で「登頂」という言葉を使用しておりません。

「頂に登った」訳ですから、その視線は下にしか向かないと思われるからです。

ご来光ですら「水平」の高さでしかありません。

「あらゆる視点からの富士山眺望」というウリと、「登頂」という言葉から、「上空におられる神」に対する畏敬を感じることはできないmr.poraiなのでした。

夜明けの富士

 ★水波霊魂学 夏イベント開催中!(アンケート / 動画) 7/1~8/31

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓