契山館静岡分会のmr.poraiです。

今回もmr.porai節にお付き合い下さい。

さて、世の中には、生活上何か困った事があると、占い師やら霊能力者に観てもらう方が一定数いるようです。

その「観てもらった方の話」を聞いた人から、ある内容を聞かされ、mr.poraiは「!!」となりました。

まぁ、又聞きですので、正確なところは判りません。

ですが、あまりにも「??」でしたので、得意のぼやき節を始めたいと思います。

・・・・・・・・・・

「観てもらった方」は、「占い師or霊能力者」に困り事を打ち明けたところ、「金神(こんじん)様?の障り」が原因だということで、ある改善策を教示されたそうです。

その改善策とは「障りを鎮めるため、地元の神社の神主さんを自宅に呼んで、お祓いしてもらう。」というものでした。

そこで「観てもらった方」は、地元でも有名な神社に電話し、自宅でのお祓いを依頼しました。

有名神社では「神主が現地に出向くお祓いの際、神主の送迎をして欲しい。祭壇等の荷物があるので、トランク等を空けておいてください。」と言われたそうです。

お祓いの日、「観てもらった方」は自分の車で神主さんを迎えに行き、行きの道すがら、お祓いを依頼した趣旨を神主さんに訴えたそうです。

神主さんは、一通り話を聞いてくれたそうです。

「観てもらった方」は、今回のお祓いで、どのような「お祈り」をして頂けるのか?期待を持って神主さんの言葉を待っていたそうです。

しかし神主さんの言葉は「観てもらった方」の期待を大きく裏切るものでした。

神主「私は霊能力や祟る神を信じない。ですが今、生かされている事への感謝の念を表すことは大切です。神主が行う祭典や作法は感謝の念を表すための神事です!」

と、「どや顔」で言われたそうです。

自宅での神事は「真面目に作法してくださった」そうですが、「観てもらった方」には、何か言い知れぬ「不完全燃焼感」が残ったそうです。

・・・・・・・・・・

これを聞いたmr.poraiは、すっかりあきれてしまいました。

仏教者の中には霊魂を認めないという考えの宗旨宗派があるそうです。

しかし、神主とは、「神を祭っている神社」で祈りを捧げるのが主たる職務でありましょう。

従たる仕事として、神社施設の維持管理運営を行うのが筋でしょう。

「生かされている事への感謝の念を表すことは大切」といわれれば、世間的には「その通り」ですが、祟る神とはいえ、何か人智を超えた存在に、思いは至らないのでしょうか?

まさか、「神の御存在自体を信じることなく」、神社なる施設の維持管理運営をしているのでしょうか?

mr.poraiの「??」は深まるばかりなのでした。

◆『霊的技術』- 傷ついた幽体を救え

https://www.amazon.co.jp/dp/4865439579/

第二章「霊的な祓い」を御覧下さい。

「必ずしも霊魂の実在を信じてはいらっしゃらない神主」「霊的な穢れすら、本心では信じていない神主さんもいらっしゃるに違いない。」という記述があります。

mr.poraiが又聞きした内容が事実であれば、「観てもらった方」が「占い師or霊能力者」から受けた指示‥、

「障りを鎮めるため、地元の神社の神主さんを自宅に呼んで、お祓いしてもらう。」こと自体、大間違いというものです。

そう言えば、TVで放映された、心霊番組に出てくる「霊能者?」の方も、祟りや障りがあった場合「神社仏閣でのお祓いやら供養」を勧めていました。

TV番組では、供養やお祓いの効き目があって霊障が終息したようなエンディングになっていましたが、本当にそうなのでしょうか?

◆『真実を求めて』-悪魔の霊言を知る

https://www.amazon.co.jp/dp/486543187X/

いわゆる邪霊に干渉された方の実態が書かれています。

占い師or霊能力者の指示を受けて行う「神社仏閣でのお祓いやら供養」でハッピーエンドを迎えられるような、生やさしい世界ではないのです。

幽気や間気に対する知識があり、霊的トレーニングを行い、一定の作法の教示を受けた者以外、霊的な祓いは不可能なのでした。

人間は、肉体を持った霊的存在なのです。

◆『神伝禊法』- 新時代の霊的トレーニング(ペーパーバック版)

https://www.amazon.co.jp/dp/4865430105/

◆『神伝禊法』- 新時代の霊的トレーニング(電子書籍版)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07D316Q3L/


◆『神伝鎮魂法』- 幽体の救い(ペーパーバック版)

https://www.amazon.co.jp/dp/4865433953/

霊的存在としての人間の、本来執るべき出処進退を学び、実践されることをmr.porai、心からお願いする次第であります。

tree2

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ