皆様も、「善いことをすれば、死後、天国へ行かれる」というような話を、お聞きになったことがおありでしょう。

これは、本当なのでしょうか?

ここでは、人間は肉体の死後、《霊魂》となって《死後の世界》へ入り、そこには天国のような幸せな世界も、地獄のような苦しみの世界も存在する、という前提の元に、述べてみたいと思います。

結論から申し上げますと、「善いことをすれば、死後、天国へ行かれる」というのは、正しくありません。

私も、《契山館》を知るまでは、「善いことをすれば、死後、天国へ行かれる」と思っていたので、最初は驚きました。

多くの宗教には、「善いことをすれば、死後、天国へ行かれる」というような教えがあります。

いったい、どういうことなのでしょうか?

もちろん、「善いことをしたら、天国へ行かれない」ということではありません。

また、善いことを行うことを、否定するわけではありません。

善いこととは、他の方や社会の幸福のために、自らを役立てて貢献しようとすることですから、素晴らしいことだと言えるでしょう。

ただ、善いことをすることは、天国へ入るために必要な条件ではないのです。

言い換えれば、この世の人間が定めた善悪の基準によって、天国へ入れるかどうかが決まるわけではなかったのです。

善悪の基準は、この世の人間が定めたものですから、時代や地域や宗教によっても、その基準が異なるものです。

ある時代ある地域では善とされた行為が、別の時代別の地域では悪とされる、等ということはよくあることです。

そのような不確実な基準で、天国に入れるかどうかが、決まるわけはないのでした。

何よりも、天国はこの世にはなく、霊的な世界にあるのですから、天国に入れるかどうかは、この世の基準ではなく、霊的な世界の基準によって決まることになるのです。

それでは、霊的世界の基準はどうなっているのでしょうか?

その答えを、霊的世界の高級霊魂の方々が、《水波一郎先生》を通して、教えて下さっています。

《幽質界》という《死後の世界》で、天国に入れるかどうかを決めるのは、《物質界》と呼ばれるこの世では、肉体と重なって存在している、《幽体》という名の霊的身体の健康状態なのでした。

天国へ入るためには、《幽体》が活力に満たされ、健康状態が良好で、十分に成長している必要があるのです。

現代は、私達を取り巻く霊的な環境が悪化しているので、特別な対策を取らないと、私達の《幽体》は活力を失って、健康状態が悪化してしまうのです。

ですから、善いことを行うことは、物質界においては素晴らしいことですが、どんなに善人でも、《幽体》の健康状態が悪ければ、天国には入れません。

では、その《幽体》の活力を高め、健康状態を良好にするには、どうすれば良いのでしょうか?

それは《神伝の法》という霊的トレーニング法を、この物質界にいる間に、行っておくことです。

《神伝の法》は神霊という神の如き存在が、人類のために降ろして下さった、特別なトレーニング法です。

この《神伝の法》のトレーニングを毎日行えば、私達の《幽体》の活力は高まり、健康状態が良好になるのは確実で、死後は必然的に天国のような、幸せに満ちた世界へ、入れることになります。

どうか、今こそ、《神伝の法》の実習をお始め頂き、《死後まで続く幸福》への道にお入り下さい。

それが、あなた様ご自身を救い、あなた様の大切な方々を救い、更には、全ての人類を救うことに繋がるのです。

IMG_0119

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ