静岡分会のmr.poraiです。

今回は駿河湾の幸(さち)について申し上げます。

富士山に降った雪や雨は、地下水となって全方位に流れ下ります。

山梨県側では富士五湖を形成し、富士山由来の地下水の存在が、ハッキリと見てとれます。

ところが静岡県側ですと、大きな湖沼はなく(かつて沼だった湿地帯はあります)、ところどころ湧水スポットがあるものの、河川を通じ、すぐに駿河湾に流れ出ます。

また、地表に湧き出ることなく、駿河湾に流れ込む水も多量だそうです。

ですので、駿河湾で捕れた魚は、富士山の幸!といってもよいと思っております。

トロボッチとは、駿河湾に面した沼津の漁師さんたちの間で使われる名称で、標準和名はアオメエソ、一般的にはメヒカリ。水深200メートル~400メートルの海に生息しています。

写真はトロボッチの唐揚げ丼で、お味は‥、mr.poraiの鈍い舌にはオスのカペリン(カラフトシシャモ)を少し濃くしたような味だと思えました。

富士五湖方面ではワカサギの唐揚げが美味しいですが、トロボッチの唐揚げも、決してヒケをとりません。

美味しく頂きました。

IMG_2550

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ