mimiの散策~~解釈は人それぞれですけれど。

友人から良かったと勧められたので、ボヘミアン・ラプソディの映画を観に行きました。

主人公の栄光と挫折、そして葛藤。その中から生まれた楽曲は、力強く心に響き、人々の心を掴むようです。

それでも、音も言葉もこの物質の世界ならではのものとすると、なにか悲しさのようなものを感じずにはいられませんでした。

「この世に生れたがために・・?」そんな言葉が頭をよぎりました。

人間がこの世に生れて死をむかえ、そしてあの世で生きる、その再生を知ってしまったからでしょうか。

IMG_2740

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ