富士の風に吹かれて~契山館 静岡分会

霊的な真実を探る旅に出かけよう!

2019年05月

今日の富士山(2019/5/31)

IMG_3017

by このはなさくや

なおいー写真紀行第43回、沖縄(その20)

今回の画像は、万座毛(まんざもう)です。

万座毛は、沖縄本島北部西海岸の、東シナ海に面した恩納村(おんなそん)にあります

IMG_3015

IMG_3016

高さ20メートル程の断崖絶壁の上に、広い草
原が広がっていて、象の鼻に似た岩が特徴的です。

沖縄本島を代表する景勝地の1つで、夕日の名所でもあります。

万座毛とは、一万人が座することが出来る草原という意味だそうで、琉球王朝時代に、ある王により名付けられたようです。

那覇空港や那覇市中心部から、沖縄自動車道を利用して、1時間程の所にあります。

余談ですが、この万座毛、自殺の名所とされているようです。そう言えば、有名な観光地で、自殺の名所とされている所って多いですね。もっとも、最近では大都市の駅などの方が、自殺者が多いのかもしれません。

本稿では、自殺について深入りはしませんが、どのような死に方で《死後の世界》へ入るにせよ、《幽体》(肉体と重なっている霊的身体、死後はこの《幽体》で、《死後の世界》へ入る)が不健全なままだと、《死後の世界》での生活は、暗く苦しいものとなってしまうそうです。

残念ながら、自殺をお考えの方の《幽体》が健全である可能性は低いので、自殺をすると、この世以上の苦しい世界へ入る可能性が高そうです。《幽体》が不健全なままだと、死んでも苦しみからは逃れられないのです。

現代は、この世を取り巻く霊的環境が悪いので、放っておくと、私達の《幽体》は不健全になってしまうそうです。

どんな死に方にせよ、誰でも、いずれは死を迎えるのですから、その前に、《霊的トレーニング》を行って、《幽体》を健全化させることが最重要です。

その《霊的トレーニング法》である《神伝の法》が《契山館》にはあるのです。

なおいー

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 

今日の富士山(2019/5/26)

IMG_3014

by このはなさくや

今日の富士山(2019/5/25)

IMG_3010

by このはなさくや

今日の富士山(2019/5/24)

IMG_3002

by このはなさくや

なおいー写真紀行第42回、沖縄(その19)

今回の画像は、残波岬(ざんぱみさき)灯台です。

IMG_2985

残波岬灯台は、沖縄本島中部の読谷村(よみたんそん)にあり、塔高約31メートルで、国内で11番目の高さです。

ちなみに、国内での塔高第一位の灯台は、島根県の出雲日御碕(ひのみさき)灯台の約44メートル、第二位は、北海道稚内市のノシャップ岬にある稚内灯台の、約43メートルです。

残波岬までは、那覇空港や那覇市中心部から、車で1時間から1時間30分程度でしょう。

高さ30メートル前後の断崖が、数キロにわたって続く、雄大な景観の岬で、東シナ海に面しているので、夕日の名所のようです。

残波岬のある読谷村は、人口が約4万人で、日本一、人口の多い村だそうです。

これも余談ですが、市町村の区分の基準には、様々なものがあるようです。

単純に人口だけで言えば、市が5万人以上、町が8千人以上のようですが、同時に他の要件を満たさなければ、村から町、町から市への昇格は出来ないそうです。

また、全ての要件を満たしても、必ずしも昇格する必要はないそうです。

ですから、読谷村のように、人口が4万人でも村という場合があるのですね。

逆に昇格後に、人口減少などで、要件を満たさなくなった場合は、希望すれば市から町へ、町から村へと移行することも可能なようです。

ただ、これも義務ではないので、現在までに、市から町へ、町から村へと移行した自治体はないそうです。

ところで、この辺りの市町村は、どこも米軍施設が多く、読谷村内には2ヵ所の米軍施設があって、村面積の36パーセントを占めているそうです。

ここで、沖縄県内の米軍基地問題を論じるつもりはありませんが、基地の存在を肯定するにせよ、否定するにせよ、住民同士や国と自治体が争って、攻撃的な念が飛び交えば、喜ぶのは邪霊や不道徳な霊魂であろうことを、忘れてはならないと思います。

結局のところ、この世の視点で、どんなに望ましいことであったとしても、あるいは、どんなに大義名分があると思えることでも、攻撃的な念を出し合い、お互いの《幽体》を傷付け合ってしまっては、将来的に、より苦しむ人を増やすばかりで、誰も幸福にはならない、という現実を知る必要があるでしょう。

なおいー

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 
プロフィール

契山館 静岡分会

このブログの内容は契山館の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として分会は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
水波霊魂学 書籍集(ペーパーバック版)
























































※ Amazonにて販売中!中身の試し読みも可。

ギャラリー
  • 生活圏からの富士山(2019/09/22)
  • 『龍』を読みながら5
  • 生活圏からの富士山(2019/09/19)
  • なおいー写真紀行第62回、(国内各地第9回)
  • なおいー写真紀行第62回、(国内各地第9回)
  • 生活圏からの富士山(2019/09/18)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ