今まで、水波霊魂学の書籍は紙媒体で出版されて居りましたが、この度、電子書籍(kindle版)でも刊行される事に成りました。多忙な方も、電車やバスの中でも読む事が出来ますので、是非、ご一読ください!

New ①『霊魂研究へのいざない』- 死後の世界や霊魂について学ぶには

IMG_2296

霊魂や死後の世界があると思う人には、ぜひ読んでいただきたいと思います。霊魂や死後の世界を信じる人は大勢います。ですが、その人達は様々な考えを持っています。専門家を自認する人達の主張も、皆、同じではありません。なぜなのでしょうか。それは、科学のように、客観的に実験したりして、立証できる分野ではないからです。ある霊能力者に起きる事が、他の人には起きません。その場合、その霊能力者が嘘をついている可能性もあります。どの主張も科学のような客観的根拠を持つわけではありません。それでは、霊魂も、死後の世界も、何も証明できません。立証できないという事は、どの説が正しいのかが判明しない、という事なのです。そうなりますと、いろいろな人達が、いろいろな事を言う事になります。死後の世界には地獄がある、と言う人もいれば、ない、と言う人もいます。一体、何が正しいのでしょうか。間違った説を信じると困ります。こうすれば天国に行ける、と言われて実践したら、地獄のような世界に行ったのでは困ります。結局、どの説も証明できないのであれば、どうやって本当の事を知れば良いのでしょうか。本書は霊魂から直接聞くという方法で、霊魂研究について述べています。霊媒現象の実際についても説明しています。今まで、誰も記さなかった事も書いています。私は、本書の執筆に協力してくれた霊魂の言う事が正しいと思っていますが、それを証明する事はできません。それでも、人は皆、いつか死後の世界に行かねばなりません。まずは、本書を読んでから、霊魂や死後の世界について、深く探求し、語っていただければ幸いです。


②『龍』-霊魂の世界から舞い降りた霊力(電子書籍版)

龍(表紙)

龍と言うと、西洋でも東洋でも知られていますが、日本では龍神信仰があり、各地で祭られています。ですが、一般的には、単に架空の動物の扱いでしかありません。無神論者の人達から見れば、龍は架空の動物でしょうが、それを言うのであれば、神も仏も天使も守護霊も皆、同じです。それは霊魂を信じない人達の常識です。本書は霊魂が実在する事を前提にしています。霊魂が実在すれば、霊魂が住む世界には、物質の世界とは違う生命体が居ても不思議ではありません。ですから、龍と呼ぶ生命体が居てもおかしくはないのです。特に龍は、昔から知られています。本書は、物質の世界の人が龍と呼ぶ生命体について記しています。高級霊魂によれば、龍という生命体は人間に対して深く長く関わって来たそうです。人間の側は龍が見えません。ですが、人間が知っておくべき重要な存在だという事です。そこで、今回は、龍についての本を著すことにしました。本書は、ある匿名の霊魂の主張を、この世の言葉で表したものです。ですから、内容は霊魂が知らせてくれた龍に関する解説です。それによりますと、龍は長い間、この世の人間を見つめてきたそうです。そして、今後もこの世の人間と関わっていくとの事です。ぜひとも、龍について知っていただきたいと思います。
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FQKRXY5/


③『神体』-偉大なる魂の生涯(電子書籍版)

shintai_20140525

かつて、ある大神人がこの世を去った。その主張こそは、今の人類が真に学ぶべき霊的な真実だったのである。世にニセモノばかりが流行する現代に、霊魂を信じる人達が必ず読まねばならない一冊と言える。本書は1991年に手作り本として発表された『ムーの大神人』の改訂版である。チャーチワード氏の主張する巨大大陸のムーとは別の主張である。しかしながら、混同されることもあるので、今回書籍化するに当たり、名称を変更することになった。スピリチュアルや霊界通信が好きな人達も、まず本書を読んでほしい。大神人の声を貴方のもとへ。

④『ネコの死後はどうなるの?』-ニャンコの救世主(電子書籍版)

ネコの死後はどうなるの?(表紙)

あなたのペットは、死後の世界で幸せになっていると思いますか?もしも、幸せでなかったら、どうしますか?本書は、他界後、死後の世界へ行った猫がそこで苦しむ猫達を助けるべく活躍する、冒険の物語です。『死後の世界で恋をして』に続く、死後の世界シリーズの第二弾。本書は猫と犬の死後がテーマです。最近、世の中に流行っている考え方は、猫などのペットは飼い主が愛情を注ぐと、どのペットも死後、幸福な世界に入れる、という説のようです。ですが、本当にそうでしょうか。おかしいと思いませんか?人間の場合は、死後、幸福な世界に入る人と、そうでない人が居ると言われています。また、この世で苦しんでいたり、悪霊と呼ばれたりする霊魂もいると言われます。つまり、一人一人、事情が違うので、皆一律には言えないという事なのです。では、ペットはどうでしょうか?飼い猫や飼い犬であったとしても、病気で死ぬペットもいれば、交通事故で死ぬペットもいます。皆、一律に同じ死後を辿るのでしょうか?そんなことはありません。人生いろいろ、ペットもいろいろなのです。ですから、一匹一匹の死後を全て語ることは出来ません。ですが、多数の猫達の境遇が分かるように記されています。猫や犬達が、今、どうしているのか、気になる方は、ぜひ本書をお読みください。ペットが好きでない人でも、読まれたら、きっと死後の世界の事がより理解できると思います。これは、単なる物語として、SF的に読むことも可能なように書いてあります。霊魂に半信半疑な方も、ぜひお読みください。


1531611218-1

⑤『死後まで続く幸福のために』-霊魂や低い幽気の悪影響を防ぐ(電子書籍版)

死後まで続く幸福のために

人の肉体と重なっている幽体は、いつでも健全とは限らない。肉体が一度も病気にならない人がいないように、幽体であっても、不調になる時がある。肉体と重なっている幽体が不調になれば、人の人生にも何かしら悪影響が出る可能性がある。私達はそれをまるで考えてこなかった。本書では、幽体などの幽的な部位が人の人生にどのように影響を及ぼすのか。それを論じている。もしかしたら、それが不幸の原因になっているかもしれない。誰でも幽体を持っている。という事は、どんな人であっても、肉体の健康と同じように幽体の健康を考える必要がある。本書は、知らないうちに起こっている霊的な問題を解説する。読者が霊的な事で不幸を背負わないように願うものである。

⑥『神伝禊法』-新時代の霊的トレーニング(電子書籍版)

神伝禊法


神伝禊法は新時代の霊的トレーニングである。
昭和62年に『神伝禊法入門』が出版されたが、読者の手に入らなくなったため、大勢の人達から再出版の依頼があった。『神伝禊法入門』を全面的に書き直したものが本書である。『神伝禊法入門』から30年近くの時が流れた。その間、禊は進歩した。火の禊は光の禊に変わり、修行法としてより高度になった。前書で書かなかった禊の神秘をも紹介している。スピリチュアルが溢れ、心の成長を唱える人も多いが、幽的身体そのものを進化させる秘儀がない。神伝禊法は、最も価値のある霊的トレーニングである。