富士の風に吹かれて~契山館 静岡分会

霊的な真実を探る旅に出かけよう!

霊魂学書籍

『子供たちのためのスピリチュアルなお話2: 日常生活編』を読みながら

mimiの散策~~解釈は人それぞれですけれど。

小学校のとき、忘れ物をして、どうしても学校に取りにいかなくてはいけないことがありました。

夕ご飯を食べた後に気がついたのか、夕方、暗くなってからだったと思います。

学校の普段は通らないような、玄関から入って、廊下を通り、教室へ。相当、怖かった。暗くて、誰もヒトがいないような所って、不気味ですし、何か出そうな気もしました。

後にも先にも、その一回、鮮明に覚えています。

そういった、昔のことをふと思い出してしまいました。

IMG_3054

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

『霊魂イエス』を読みながら5

mimiの散策~~解釈は人それぞれですけれど。

魂となった後も見守っているイエス師の姿があります。

現代に示された『水波霊魂学』、そして降ろされた技法『神伝禊法』。

だけれども、現代の私たちの多くは、いつしか神へ向く心も忘れてしまったかのようです。

そんな「科学がすべてだ」と信じる大多数の人間をまだ、見守ってくださっているのだろうか・・・?

いつまでもそう甘くはないように思えます。

でも、ここのページにたどり着いた方たちへ

”いつの時代も人々を正しく神に向かわせる教え、知識、力が必要である。” それが『水波霊魂学』だと思うのです。

IMG_3097

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 

『神体』を読みながら1

mimiの散策~~解釈は人それぞれですけれど。

一日の終わりに、その日一日を振り返られるキリストの姿。そうして振り返り、自身を省みることができる、ということが、キリストと呼ばれる存在ゆえなのかもしれませんが・・・

そうした存在であっても反省される、としたら・・・私はどうすべき?という思いが湧いてきました。

さて、ある日、反省タイムを設けてみました。

その日のことは覚えているようで、案外と忘れていることが多いようで・・・。すごく嫌な思いをしたとか、自分にとって気になったコトは覚えているのですが、あとは曖昧な記憶でしかなかったのでした。

反省すべきことが、反省できているのだろうか。それでも、立ち止まってみないと、日々の雑事にどんどん流されて行ってしまうように思いました。

IMG_3022

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

『指導霊』を読みながら1

mimiの散策~~解釈は人それぞれですけれど。

山々の写真をみていたら、ふっと、『指導霊』の本を読みたくなってきました。

主人公は、そんな地方の方でしたから。

私たちは、自分を見守ってくれるような守護霊や指導霊といった霊魂方を見ることはできません。

そういった存在というのは、普段から私たちと接点はなかなか持てないほどに相当に高級な方々なので、私たちの幽体が汚れたままでは、守護霊や指導霊からはさらに見えずらくなってしまうようです。

そうなると、もっと接点がなくなってしまいます。

そういった中で、働かれている指導霊の存在を垣間見る本でした。

IMG_2953

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

『龍』を読みながら4

mimi 散策~~解釈は人それぞれですけれど。

「龍神」として祭られ、各地でお祭もあるようです。mimiの田舎の方でも、町おこしとして、そんなのが出来たりしていました。

なんとも、響きもよいですし、観光客も集まりそうです。ヒトの為に龍が動いてくれる・・そんな願望も込められているのかもしれません。

神社にいるのか、いないのか、’龍’。でも神社に居るというのは、本来の姿ではないようです。

龍は、幽質のセカイにいるべきもの。人に力を掛けるために、降りて来られるような存在がいるとしても。

私たちは、龍という存在の、本当の存在意義を知らなさ過ぎるように思いました。

IMG_2587

 ★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

『二本足の霊魂』を読みながら

mimiの散策~~解釈は人それぞれですけれど。

友人から良かったと勧められたので、ボヘミアン・ラプソディの映画を観に行きました。

主人公の栄光と挫折、そして葛藤。その中から生まれた楽曲は、力強く心に響き、人々の心を掴むようです。

それでも、音も言葉もこの物質の世界ならではのものとすると、なにか悲しさのようなものを感じずにはいられませんでした。

「この世に生れたがために・・?」そんな言葉が頭をよぎりました。

人間がこの世に生れて死をむかえ、そしてあの世で生きる、その再生を知ってしまったからでしょうか。

IMG_2740

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 
プロフィール

契山館 静岡分会

このブログの内容は契山館の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として分会は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
水波霊魂学 書籍集(ペーパーバック版)
























































※ Amazonにて販売中!中身の試し読みも可。

ギャラリー
  • なおいー写真紀行第57回、(国内各地第4回)
  • ドッグ・イン・ブラック24
  • 生活圏からの富士山(2019/08/22)
  • ドッグ・イン・ブラック23
  • ドッグ・イン・ブラック22
  • ドッグ・イン・ブラック21
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ