富士の風に吹かれて~契山館 静岡分会

霊的な真実を探る旅に出かけよう!

宗教

予定調和≠宣布

契山館静岡分会のmr.poraiです。

今回もmr.porai節にお付き合い下さい。

なんとなくタウン情報に注意しておりますと、一般聴衆を対象として、有名な僧侶の講演会が行われる旨の告知を見聞きすることがあります。

有名な僧侶と言いましても、宗旨宗派はさまざまです。

聴衆がそれぞれの宗派の檀家など、関係者であれば、信者の教育を目的とした「教学(きょうがく)」に沿って、話もできましょう。

この場合、講演の顔は「教え」であります。よって講演者は、必ずしも有名な僧侶でなくても事足ります。

ところが一般人対象の講演会では、客寄せパンダ的な理由で「有名僧侶」を起用することになるのでしょう。

そうしますと、どなたが聞いても当たり障りのない話にしないと、有名僧侶のブランドにも関わりますので、何かと不都合です。

よって有名僧侶の講演内容には自主規制がかかってしまい、聴衆の期待を裏切らない予定調和的な話に終始しがちです。

講演会のタイトルから、おおよその中身の見当は付いてしまうゆえんです。

実はmr.poraiも、このような講演会に行ってみたい気持ちもあります。

ですが、こういうイベント会場には低い幽気がことさら渦巻いている場合があるようです。

何となくそれを感じるからでしょうか?

いざ出かける当日になると、どうも出掛ける気にならず、結局は行かずじまいになってしまいます。

仕方がないので、後日、講演会に行った人に声を掛け、感想を聞く機会を得るようにしています。

聴衆の1人、また1人というフィルターを経ていますので、講演会の詳細については判りません。

そんな状態ですから、無責任にも、良かっただの、つまらなかっただの、言う立場にありません。

ですが、宗教者が行うさまざまな講演会の感想について、訊ねることを繰り返すうち、ある種のパターンが感じられました。

よくあるパターンとしては「宗教者が発見した気づきを、各宗派の主張に絡め、面白おかしく時には涙ありで聞かせ、何となくウケるもの」が王道でしょう。

なかには意外性に富んだエピソードを散りばめ、聴衆を飽きさせない達者な話者もおられますが、話の枝葉の部分はどうであれ、最終的には予定調和の枠内に収まっているようです。

講演会主催者のニーズは、一般聴衆の満足であり、話者はそのような空気を、自然と読むのでしょう。

講演内容の事前打合せの有無に関わらず、話の内容は講演会主催者のニーズに沿って進むしかないと思えます。

結果、有名僧侶の講演会は、つまらなかろうが、面白かろうが、予定調和の枠内に収まってしまうこと、請け合いです。

◆ 『神体』-偉大なる魂の生涯(電子書籍版)


◆ 『神体』-偉大なる魂の生涯(ペーパーバック版)


この御著書には「ラ・ムー師と弟子達の活動」が書かれております。

ラ・ムー師の時代と今の時代では、状況的に似通ったところ、また大きく異なったところがあります。

現在、ほとんどの方が、「霊的真実の探求」をされておられません。

いち早く救われたいと願う幽体のニーズと一般聴衆の肉体の意識のニーズには、大きなズレがあります。

地上の世界を生きる以上、肉体の意識が主導権を持ちますので、水波霊魂学の宣布を行うとき、多大な困難が発生します。

一般聴衆の肉体の意識が満足する、予定調和的な話題の延長線上で、水波霊魂学を語る手立てや道筋は、あまりないように思えます。

もっとも、一般聴衆の幾人かのニーズが「霊的真実の探求」へとシフトされれば、状況は変わるチャンスがあります。

できることからひとつずつしか出来ませんので、及ばずながら、何かとぼやいているmr.poraiなのでした。

写真がないのもさびしいですから、本日撮影の富士山(2018/10/28)を添えます。

IMG_2513

 ★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

歌舞

契山館静岡分会のmr.poraiです。

今回もmr.porai節にお付き合い下さい。

秋祭りの季節となりました。

先日の夜、在来線に乗っておりました際、とある小さな街の駅で電車の扉が開いた瞬間、祭り囃子が聞こえてきました。

電車の車内には、「アッ、お祭りやってる!」という子供さんの声が上がりました。

お祭りと言えば神社ですが、多くの方は「初詣かお祭りの時に行く程度」ではないでしょうか?

中には「車を買ったからお祓いに行く」「子供の七五三のお参り」「厄年のお祓い」で、神社に行く方も見えるでしょう。

ですが、「神社?そういえば数年は行ってないし、普段意識したこともない。」という方も、結構多いと思えます。

これがお寺でしたら、少し事情は異なるでしょう。

それは「先祖さんが人質に取られているから」。

お寺の檀家であれば、年間いくらかの維持費の請求はあるでしょうし、年回忌やお盆、春秋彼岸の墓参りの風習は、簡略化の傾向にあるとは言え、今でもよく見られる光景です。

お寺との付き合いがイヤで宗旨不問の霊園に墓所を求めた方は、墓参りこそすれ、寺社への参拝はなさらないでしょう。

昨今「墓じまい」の話題がチラホラ聞かれます。

神社も仏閣も人離れの傾向に悩んでいるからでしょうか? 人の耳目を引く「イベント」を開催する宗教施設があるそうです。

お寺の本堂をバックにアイドルのコンサート、神社境内特設ステージでのカラオケやらキッズダンス、そして露店や夜店ETC. 賑わいの創出としては、よくできています。

ですが、宗教施設で行うイベントに、違和感を感じておられる方もみえるのではないでしょうか?

心静かに神仏を参拝されたい方にとって、イベントの喧騒は、嫌悪感を超えた、耐えがたい気分にさせるものでしかないのでしょう。

なかには、神仏への冒涜と捉えられる方もみえる可能性があります。

そのような方の気持ちを丸め込むためか?? 宗教者の中には「神に捧げる歌舞が音楽の起源」などとおっしゃる方もみえます。

よって寺社で行われる歌舞は、単なるイベントではなく、「奉納演舞」なんだそうです。

しかし、音楽の起源がどうであれ、イベントで繰り広げられる歌舞の演目の中身が、神への思いを表現した作品であるかどうかが問題だと思えます。

イベント会場となった寺社の言い分「これを機会に足を運んで頂きたい」とか「地域の賑わいに貢献したい」とか、もっともらしいコメントを出しておられるようです。

このコメントとは関係のないところで、「浮かれ騒ぐ人々の幽気が、寺社にただよう幽気と合わさるとき、邪霊のおたのしみが始まる」のでしょうか? 他人事ながら心配です。

◆『神体』-偉大なる魂の生涯(電子書籍版)


◆『神体』-偉大なる魂の生涯(ペーパーバック版)



御著『神体』の第1章のなかで「太陽の国」として書かれているところを御覧下さい。

「当然、祭りは神事である。ただ騒ぐといった種類のものではない。」

「自分の中にある神への熱い思い、日々の歓喜、それを全身全霊で表現する。」

「それが祭りの意味なのであった。」

との記述が、mr.poraiの心のなかに響いております。

『神体』をお読みになれば、次に読むべき本に出会えると思えます。

A1AA029E-68F0-417C-B304-CFE6E428A8B5

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

お彼岸

お彼岸とは、3月の「春分の日」、9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間と言われます。

本来のお彼岸とは、修行をして、彼岸にある涅槃の境地に到達する事だと言われます。

また太陽が真東から真西へ沈む「春分の日」「秋分の日」に、西方に沈む太陽を極楽浄土として、礼拝する想いから「日願(ひがん)」とする説もあります。

しかしながら、現在のお彼岸は、おはぎなどをお供えして、先祖を供養する日、お墓参りをする日といったイメージが強いと言えます。

ほぼ、お盆の第2バージョンといった感じでしょうか?

しかしながら、霊的な視点からすると、地上の人間が、お供え物をしたり、お経を唱えたりして、死者が救われるという事は、決して有りません。

また願い事をして、それを叶えるような霊力が先祖に有る訳でも無く、願う事によって、却って、先祖の霊魂を迷わせてしまう可能性さえ有ります。

勿論、先祖や亡くなった、お爺ちゃん、お婆ちゃんを、偲び、敬う事であれば、何も問題は有りません。

それは、人間の自然な気持ちからだと言えるからです。

それが、急に成仏させようとか、逆に、お爺ちゃん、お婆ちゃんは、仏に成ったのだから、何でも願いを叶えてくれると思うと、大きな失敗を生みます。

仏と言う言葉の定義にもよりますが、人が死んで、いきなり、阿弥陀如来や大日如来のように成る事など、絶対に有り得ません。

ただ、生前に、真剣な信仰や、何らかの宗教的、霊的修行を行なっていれば、一般の人から見れば、天使や菩薩のように光り輝く、高級な霊魂に成る事は有ります。

とは言え、生きている間に、神も仏も無く、全くの無神論で生きた人には、そのような事は起こりません。

何故なら、無神論の生活をしていると、高級な霊魂からの高級な幽気、つまり高級な霊的エネルギーを、自身の幽体が吸収する事が出来ないからです。

ただ、物質的な生活だけを送っていると、それは無理なのです。高級な霊魂との接点が全く持てないのです。

高級な霊魂との接点を持つには、信仰や祈り、霊的な修行が必要なのです。

幽体が高級な霊的エネルギーを吸収していないと、幽体の体力が無いので、幽体からの光とも言える、幽体オーラが全く出ません。

幽体オーラが出なければ、自身の守護霊、指導霊の霊的視覚に入らないので、死後、高い世界に導いて貰う事が出来ません。

その上、幽体の体力が無いので、霊的に光の強い世界には、その幽体が耐える事も出来ません。

自ずと、光の弱い、下の幽界へ吸い込まれていきます。運が悪ければ、不道徳な霊魂の視覚に入り、手を引かれて行く可能性も有ります。

それ程に、人の幽体の状態というものが大切なのだと言えます。

また、先祖に対して供養をしたとして、それが届く可能性は殆ど有りません。

上に昇ったか、下に下がったかは、分かりませんが、既に、あの世の生活に入っているので、地上の人間の想いは届かない所に居るのです。

それでも、上の世界に昇っていれば、子孫の様子を、上位の霊魂の許可を得て、見に来る可能性は有ります。

しかし、下の世界に入った霊魂にとっては、今まさに、地獄の苦しみを味わっているのに、地上の人間が供養をしようと、それどころでは無いのです。

故に、仏壇もお墓も、実際には、先祖の霊魂が来る可能性は殆ど無く、寧ろ、質の低い幽気で満ちていれば、不道徳な霊魂が集まって来る可能性が有ります。

だからと言って、家の仏壇やお墓を、無闇に無くせば良いという訳でも有りません。

やはり、家族や親戚との関係も有りますし、常識の範囲での葬儀や供養なら問題は無いし、周りとの軋轢を生まない為にも大切な事だと言えます。

要は、世の中の霊能力者が言うような、何でも供養供養と極端に走らなければ良いと言えるでしょう。

霊的な修行者であれば、仏壇やお墓に、もし霊的な穢れが有っても、それを祓い清める事も出来ます。

先ずは、霊的な真実を知り、次に、全体との関係や調和を鑑みながら、上手く調整していく事が大切だと言えるでしょう。

太郎

IMG_2375

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

感謝の念≠神事

契山館静岡分会のmr.poraiです。

今回もmr.porai節にお付き合い下さい。

さて、世の中には、生活上何か困った事があると、占い師やら霊能力者に観てもらう方が一定数いるようです。

その「観てもらった方の話」を聞いた人から、ある内容を聞かされ、mr.poraiは「!!」となりました。

まぁ、又聞きですので、正確なところは判りません。

ですが、あまりにも「??」でしたので、得意のぼやき節を始めたいと思います。

・・・・・・・・・・

「観てもらった方」は、「占い師or霊能力者」に困り事を打ち明けたところ、「金神(こんじん)様?の障り」が原因だということで、ある改善策を教示されたそうです。

その改善策とは「障りを鎮めるため、地元の神社の神主さんを自宅に呼んで、お祓いしてもらう。」というものでした。

そこで「観てもらった方」は、地元でも有名な神社に電話し、自宅でのお祓いを依頼しました。

有名神社では「神主が現地に出向くお祓いの際、神主の送迎をして欲しい。祭壇等の荷物があるので、トランク等を空けておいてください。」と言われたそうです。

お祓いの日、「観てもらった方」は自分の車で神主さんを迎えに行き、行きの道すがら、お祓いを依頼した趣旨を神主さんに訴えたそうです。

神主さんは、一通り話を聞いてくれたそうです。

「観てもらった方」は、今回のお祓いで、どのような「お祈り」をして頂けるのか?期待を持って神主さんの言葉を待っていたそうです。

しかし神主さんの言葉は「観てもらった方」の期待を大きく裏切るものでした。

神主「私は霊能力や祟る神を信じない。ですが今、生かされている事への感謝の念を表すことは大切です。神主が行う祭典や作法は感謝の念を表すための神事です!」

と、「どや顔」で言われたそうです。

自宅での神事は「真面目に作法してくださった」そうですが、「観てもらった方」には、何か言い知れぬ「不完全燃焼感」が残ったそうです。

・・・・・・・・・・

これを聞いたmr.poraiは、すっかりあきれてしまいました。

仏教者の中には霊魂を認めないという考えの宗旨宗派があるそうです。

しかし、神主とは、「神を祭っている神社」で祈りを捧げるのが主たる職務でありましょう。

従たる仕事として、神社施設の維持管理運営を行うのが筋でしょう。

「生かされている事への感謝の念を表すことは大切」といわれれば、世間的には「その通り」ですが、祟る神とはいえ、何か人智を超えた存在に、思いは至らないのでしょうか?

まさか、「神の御存在自体を信じることなく」、神社なる施設の維持管理運営をしているのでしょうか?

mr.poraiの「??」は深まるばかりなのでした。

◆『霊的技術』- 傷ついた幽体を救え

https://www.amazon.co.jp/dp/4865439579/

第二章「霊的な祓い」を御覧下さい。

「必ずしも霊魂の実在を信じてはいらっしゃらない神主」「霊的な穢れすら、本心では信じていない神主さんもいらっしゃるに違いない。」という記述があります。

mr.poraiが又聞きした内容が事実であれば、「観てもらった方」が「占い師or霊能力者」から受けた指示‥、

「障りを鎮めるため、地元の神社の神主さんを自宅に呼んで、お祓いしてもらう。」こと自体、大間違いというものです。

そう言えば、TVで放映された、心霊番組に出てくる「霊能者?」の方も、祟りや障りがあった場合「神社仏閣でのお祓いやら供養」を勧めていました。

TV番組では、供養やお祓いの効き目があって霊障が終息したようなエンディングになっていましたが、本当にそうなのでしょうか?

◆『真実を求めて』-悪魔の霊言を知る

https://www.amazon.co.jp/dp/486543187X/

いわゆる邪霊に干渉された方の実態が書かれています。

占い師or霊能力者の指示を受けて行う「神社仏閣でのお祓いやら供養」でハッピーエンドを迎えられるような、生やさしい世界ではないのです。

幽気や間気に対する知識があり、霊的トレーニングを行い、一定の作法の教示を受けた者以外、霊的な祓いは不可能なのでした。

人間は、肉体を持った霊的存在なのです。

◆『神伝禊法』- 新時代の霊的トレーニング(ペーパーバック版)

https://www.amazon.co.jp/dp/4865430105/

◆『神伝禊法』- 新時代の霊的トレーニング(電子書籍版)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07D316Q3L/


◆『神伝鎮魂法』- 幽体の救い(ペーパーバック版)

https://www.amazon.co.jp/dp/4865433953/

霊的存在としての人間の、本来執るべき出処進退を学び、実践されることをmr.porai、心からお願いする次第であります。

tree2

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

伝統≠祭祀跡

契山館静岡分会のmr.poraiです。

今回もmr.porai節にお付き合い下さい。

皆様は「埋蔵文化財」に関心はおありでしょうか?

文字通り、土中に埋もれている文化財で、石器や土器などの遺物や、貝塚、古墳、住居跡、祭祀跡などを指すようです。

たとえば、文化財保護法で指定された「周知の埋蔵文化財包蔵地」に、ショッピングモールの開発を行うとします。

「周知の~」というくらいですから、何らかの文化財が埋もれている訳でしょう。

行政の窓口は、市町村教育委員会。役所の手続ですから、まずは書類審査になります。

そこで問題となるのが「土木工事の基礎の深さ」と「文化財の埋蔵されている深さ」です。

その結果、自治体が「建物の基礎が地下にある文化財を破壊する可能性がある」と判断した場合、「試掘調査」となるようです。

個人住宅ですと、自治体が試掘調査費用を持ってくれる場合があるようです。

ですが、営利事業による開発行為では、事業者の負担となるようです。ショッピングモールも然りです。

試掘調査の結果、埋蔵文化財が出てこなければ、めでたく工事着工の運びとなりますが‥、

そうでない場合、発掘調査(本調査)が要請され、費用は事業者持ち。

どこやらの街でショッピングモール建設の計画があったそうですが、ウン十億円にも上る発掘費用がネックとなり、出店が見送られたようです。

・・・・・・・・・・

今の神社では、神様が住んでいるとされる建物が建っています。本殿と言うそうです。

ところが有史(記録)以前の神社には、このような建物はなかったそうで、山や大きな岩などに、神が宿るとされてきたみたいです。

古代の祭祀や社殿成立以前の、神社の原初形態などの研究するため、考古学的手法でアプローチする「神道考古学」なる学問があるそうです。

mr.poraiは、神道考古学の学者とかいう方の言葉を、又聞きしたことがあります。まぁ、又聞きですので、正確なところは判りません。

ですが「!!」だったので、思い出しながら書いております。

学者「仮に神社の本殿や拝殿の下を発掘しても、何も出ないことが多い。掘るのなら神社の裏山が良い。祭祀跡が出てくるケースがある。」

学者「時代が降り、拝礼の場所だったところに拝殿が建ち、拝殿にほど近いところに神を祀る本殿を建てた。」

学者「古い時代、「拝礼の場所」と「神が宿るとされた場所」は、今の神社建築と違って、もっと離れていた。」

なるほど! かなり説得力のある見解です。何回も発掘調査をした結果、そのような見解を持つに至ったのでしょうが‥、

古代祭祀跡を調査しても、当時の祭祀の作法については、なかなか判らないようです。

そうなのです。古代祭祀を行っていた先人の信仰は、「すでに消滅した」のです。

よく神社は「歴史」とか「伝統」の護持を標榜しています。

口の悪いmr.poraiに言わせれば「場所的同一性はあっても、古代祭祀を継承していないようだから、歴史と伝統を標榜すること自体、どうなんさー?」

「古代祭祀跡の発掘によって歴史の長さが証明された」と胸を張るのは、いささか早計のような気がします。

その業界人は、たまにイベント的に「禊」を行うようです。彼らが神典とする古事記に「禊」の記載があります。

恒常的に禊を行っている業界人は少ないようですが、大きな神事?の前には「潔斎・けっさい」とか言って、心身を清めるそうです。

潔斎の具体例として、居室を別にし、衣服を改め、水行をして、飲食(飲酒・肉食等)や動作(会葬・病気見舞い等)、不浄な思いや言葉などを慎しむことが挙げられます。

神に向かうに、心身を慎むというのは判ります。しかし、それはどう考えても「表面意識」の安定に留まるのではないでしょうか?

《神伝禊法-新時代の霊的トレーニング》

http://www.amazon.co.jp/dp/4865430105/ (ペーパーバック版)


この御著の表紙に「禊は水浴びではない」と書かれています。よって単なる「水行」でないことは確かです。

神職の方は、一般人と比べて「禊」を身近に感じるかも知れません。

ですが、歴史と伝統を誇る、神職従事者の肉体の意識は「神職たるアイデンティティーに揺らぎはない」でしょうから、神伝禊法を実修することはないのでしょう。

しかし神職の幽体は、ことによると、肉体の意識とは違う思いを発しているやもしれません。たとえば‥、

神職幽体の叫び「幽体に霊的な力を与えて欲しい! せっかく禊との親和性が高い宗教に携わっているのだから気付いて欲しい!!」。てな具合に。

不満をくすぶらせながら潜行するしかない神職の幽体の意識に、他人事ながら同情するmr.poraiなのでした。

清流

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 夏イベント開催中!(動画)

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓

諸行無常

自宅の部屋に有るドアノブが回らなく成ってしまいました。

ドアノブを外して、確認したところ、どうやらラッチと言われる部品の故障だという事が分かりました。

約10年、住んでいるので、いろいろと壊れるものも出てきます。

自分で直せるレベルなので、取り敢えず、ラッチを外しておいて、改めて、ホームセンターへ部品を買いに行こうと思います。

さて仏教では、諸行無常という言葉が有ります。

世の中、全てのものは、常に変化して不変のものは無いという意味が有るようです。

確かに、どんなに硬いダイヤモンドでも傷が付かない訳では無いし、壊せない訳でも有りません。

無限と思われる、この宇宙も、悠久の未来には消滅するのかも知れません。

また少なくとも、今の科学では、永遠の命も有り得ません。

つまりは、物質ばかりに執着し、それのみを追い求めても、それは、いつかは行き詰まり、虚しいものと成ってしまうでしょう。

また人間は、物質的欲望を満たすだけでは、満足できないように成っているように思います。

何処かで、心の中を空虚感が通り過ぎていく...。

やはり、それは人の本質が物質では無いからと言えるでしょう。

水波霊魂学では、人は、本来、霊的生命体と説きます。

死んだら終わりの単なる肉の塊では無いのです。

確かに、肉体は死ねば、朽ちて土に還るだけと言えます。

大自然の循環を廻るだけの実体の無い存在です。

しかし人は肉体とダブった幽体を持っているのでした。

そして肉体から離れた幽体は、あの世での生活を始めるのです。

とは言え、肉体と幽体は全く別の存在かと言うと、そうでも有りません。

この世の人生にも大きな影響を与えています。

肉体と幽体が不離一体で人生を歩んでいるからと言えます。

幽体が健康か不健康かで、肉体が病気に成る事も有りますし、霊的には、低い霊魂に寄られたり、低い幽気が付着、または吸い込んだりで、この世の人生が悪い循環に入る事も有ります。

悪い事ばかりが、続くという人が居ます。

そうした方は、霊能者を訪ねるよりも、やはり自身の幽体を鍛える事が根本的な解決に至る事に気づいて頂きたいと思います。

また幽体を鍛えるという事は、高級な霊魂よりの高い幽気を、自身の幽体に受ける事に成ります。

自身の幽体は、日常の生活では決して受けた事の無い、高い力に感激し、感涙します。

人の正体は幽体に有り、幽体の真の幸せは高級な霊魂より、高い力を受ける事にこそ有ったと言えます。

それは人の深い部分からの喜びであり、物欲を満たす事のみの上辺だけの幸せとは異なります。

人の心は物質だけでは満たされないのです。

しかし高級な霊魂よりの力は、求めない所には決して降りて来ません。

神を認めず、霊魂を否定する所に、救いの光がもたらされる事は無いのです。

「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。」

物質には実体が有りません。物質ばかり追い求めても、常に流れ消え行き虚しいばかりと言えるでしょう。

背後に有る、自身の正体に気づいた時、初めて、この世でもあの世でも、真の幸せに繋がっていくと言えるでしょう。

太郎

仏教2

★水波霊魂学 夏イベント開催中!(アンケート / 動画) 7/1~8/31

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓

プロフィール

契山館 静岡分会

このブログの内容は契山館の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として分会は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
水波霊魂学 書籍集(ペーパーバック版)
















































※ Amazonにて販売中!中身の試し読みも可。

ギャラリー
  • なおいー写真紀行第11回、北海道(その4)
  • なおいー写真紀行第11回、北海道(その4)
  • 終活年賀状
  • 終活年賀状
  • 今日の富士山(2018/11/18)
  • 今日の富士山(2018/11/17)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ