富士の風に吹かれて~契山館 静岡分会

霊的な真実を探る旅に出かけよう!

日々の出来事

映画「名探偵ピカチュウ」を見て

映画、「名探偵ピカチュウ」を見て来ました。

ピカチュウ、身もだえする程かわいいです。

もう、すっかりピカチュウの虜になり、ネットに上がった写真を見ては、悶絶しています。

こういうパートナーが欲しいけれど、この世では無理なので、あの世に期待します。

言葉ではなく、想念で会話する世界では、犬や猫とも、ある程度の意志疎通が可能のようです。

楽しそうですね。

あ、ピカチュウって、ネズミでしたっけ?

by ドーン

IMG_2979

※ 映画「名探偵ピカチュウ」より

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

訪問者

今朝、玄関の戸を開けていたら、シジュウカラが入ってきました。

IMG_2959

どちらかと言うと、鳥類は嫌いだったのですが、近くで見ると、やはり可愛いです。

自分も鳥のように空を飛べたらなぁと思うのは、再生前に霊魂としてあの世を自由に飛び回っていたからでしょうかね?

by ドーン

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 

花粉症(2019/04/25)

契山館静岡分会のmr.poraiです。

花粉症の掉尾を飾る“松花粉”も終わりです。

松の木の下にできた水たまりには、うす黄色い“膜”が張ってました。

これは、松花粉に相違ありません。

さて“アナフィラキシーショック”という、劇症型のアレルギー反応の存在をご存じの方も多いと思います。

その原因物質の一つに“花粉”があるそうです。

花粉症を引き起こすのは、有名なスギ花粉をはじめ、その数は50種類以上とか。

ですが、幸いなことに、スギ花粉でアナフィラキシーショックを起こすことは、殆どないと聞き、少し安心しました。

しかし、キク科の花粉は、アナフィラキシーショックを起こす可能性が高いそうです。

花粉のサイズ的には スギ花粉とヒノキ花粉は似たような大きさで、大気中を舞います。

ですが、キク科の花粉の多くは、スギ花粉より粒子が大きいので、大気中を舞うことはあまりなく、身近で接触したときにしか体内に入ることはありません。

そのため、“キク科花粉アレルギー”を持っていることを自覚していない人が多いらしく、普段花粉にさらされていない分、いったん体に入ると強いアレルギー反応を起こし、劇症化してしまうことがあるのです。

写真は、散歩の際に見かけた“ガーベラ”の大写し。ガーベラはキク科になります。

かつてアレルゲン検査を受けたmr.porai、スギ花粉にのみ、大きく反応しておりました。

ですが、花粉症は、どのようなハズミで劇症化するか、判りません。

花を愛でる趣味がない分、mr.poraiには、あらゆる花が凶器に見えてしまいます。

肉の身とはなぜこうも扱いにくいのか?

今日もまた、ため息をつくmr.poraiなのでした。

IMG_2947

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

花粉の終わり(2019/04/16)

契山館静岡分会のmr.poraiです。

花粉の季節も終盤となりました。

杉花粉⏩檜花粉ときて掉尾を飾るのは松花粉です。

幸い松花粉は粒子が大きいようで、杉花粉のような飛散はないみたいです。

写真による松の花は、富士山の遥か手前に見える“松の木”のものです。

毒霞の季節もあと少しです。

IMG_2936

IMG_2937

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

地物(2019/02/15)

契山館静岡分会のmr.poraiです。

本日は曇天で富士山のお姿は拝めませんでした。

横浜では雪が降ったとか、関東地方は寒い1日だったようです。

静岡ではお日様こそお出ましになりませんでしたが、鍋物が恋しいというような寒さではありませんでした。

よって夕食は、少し春っぽく、地物の魚であっさりと、鯛茶漬けを楽しみました。

FullSizeRender

白身の美味しい魚ですが、実は本鯛ではありません。

地物、すなわち駿河湾産のマトウ鯛なのです。

この魚、見た目的にはあまり美味しそうには見えません。

ツヤツヤした銀色の肌あいは、何か宇○人 のようにも見えます。

しかしこの魚、世界中の暖かな海に分布しているらしいです。

ビジュアル的にムリというお方は、マトウ鯛の写真をスルーなさってください。

FullSizeRender

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

虹の脚(2019/01/02)

明けましておめでとうございます。

契山館静岡分会のmr.poraiです。

運動不足の解消にと、駿河湾に面した堤防の上を歩いておりましたところ、虹の脚に当たる部分だけが見えました。

mr.poraiの住む街は晴れておりましたが、虹の向こうの沼津市は雨降りのようです。

若松の上に輝く虹の脚を1枚。

IMG_2721

堤防から撮影した生活圏からの富士山も1枚。

IMG_2722

残念ながら、頂上は朝のひとときを除き、隠れていました。

相変わらず写真テクニックのないmr.poraiなのでした。

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 

プロフィール

契山館 静岡分会

このブログの内容は契山館の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として分会は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
水波霊魂学 書籍集(ペーパーバック版)
























































※ Amazonにて販売中!中身の試し読みも可。

ギャラリー
  • なおいー写真紀行第57回、(国内各地第4回)
  • ドッグ・イン・ブラック24
  • 生活圏からの富士山(2019/08/22)
  • ドッグ・イン・ブラック23
  • ドッグ・イン・ブラック22
  • ドッグ・イン・ブラック21
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ