富士の風に吹かれて~契山館 静岡分会

霊的な真実を探る旅に出かけよう!

日々の出来事

花粉の終わり(2019/04/16)

契山館静岡分会のmr.poraiです。

花粉の季節も終盤となりました。

杉花粉⏩檜花粉ときて掉尾を飾るのは松花粉です。

幸い松花粉は粒子が大きいようで、杉花粉のような飛散はないみたいです。

写真による松の花は、富士山の遥か手前に見える“松の木”のものです。

毒霞の季節もあと少しです。

IMG_2936

IMG_2937

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

地物(2019/02/15)

契山館静岡分会のmr.poraiです。

本日は曇天で富士山のお姿は拝めませんでした。

横浜では雪が降ったとか、関東地方は寒い1日だったようです。

静岡ではお日様こそお出ましになりませんでしたが、鍋物が恋しいというような寒さではありませんでした。

よって夕食は、少し春っぽく、地物の魚であっさりと、鯛茶漬けを楽しみました。

FullSizeRender

白身の美味しい魚ですが、実は本鯛ではありません。

地物、すなわち駿河湾産のマトウ鯛なのです。

この魚、見た目的にはあまり美味しそうには見えません。

ツヤツヤした銀色の肌あいは、何か宇○人 のようにも見えます。

しかしこの魚、世界中の暖かな海に分布しているらしいです。

ビジュアル的にムリというお方は、マトウ鯛の写真をスルーなさってください。

FullSizeRender

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

虹の脚(2019/01/02)

明けましておめでとうございます。

契山館静岡分会のmr.poraiです。

運動不足の解消にと、駿河湾に面した堤防の上を歩いておりましたところ、虹の脚に当たる部分だけが見えました。

mr.poraiの住む街は晴れておりましたが、虹の向こうの沼津市は雨降りのようです。

若松の上に輝く虹の脚を1枚。

IMG_2721

堤防から撮影した生活圏からの富士山も1枚。

IMG_2722

残念ながら、頂上は朝のひとときを除き、隠れていました。

相変わらず写真テクニックのないmr.poraiなのでした。

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 

門松(2018/12/27)

契山館静岡分会のmr.poraiです。

歳末となりました。

写真は三重県津市の某所で撮影した門松です。

IMG_2706

繁盛店の入り口を飾るだけあって、なかなか立派なものです。

おそらく造園業の職人さんの手になるものでしょう。

ひるがえって、拙宅の門柱に取り付けた松飾りは実にカワイイものです。(再度のアップをお許しください)

IMG_2700

mr.poraiの住む地域では、よくショッピングセンターで売っている、千円前後の注連飾りを玄関に飾る方が多いようです。

世間様の風習では、正月祝いに何らかのお飾りをする方が多い以上、何もしないのも何ですので、独自のやり方で、正月祝いの松飾りを設置している次第です。

もとより、修行や生活に直接関係ないことにあまり関心がないmr.poraiですから、松の造花は使い回しで本年5年目、金封袋もそこいらにあるものを適宜使用しております。

“こんなもの”と言ってしまっては何ですが、それなりに見てくれが良ければそれでよしと考えるmr.poraiなのでした。

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ 

松飾り(2018/12/25)

契山館静岡分会のmr.poraiです。

歳末となりました。

世間様の風習にならい、正月祝いの松飾りを設置しました。

場所は拙宅の門柱。

門柱は富士山の方向を向けて建ててありますので、松飾りも当然、富士山方向を向いております。

mr.poraiの住む街では、このような松飾りをするお宅はないようです。

それもそのはず。

この松飾りの形式は、修行や生活に直接関係ないことにあまり関心がないmr.poraiが、それなりに考え出したものですから。

“まぁ、いいか”と思わずため息をつくmr.poraiなのでした。

IMG_2700

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

トロボッチ

静岡分会のmr.poraiです。

今回は駿河湾の幸(さち)について申し上げます。

富士山に降った雪や雨は、地下水となって全方位に流れ下ります。

山梨県側では富士五湖を形成し、富士山由来の地下水の存在が、ハッキリと見てとれます。

ところが静岡県側ですと、大きな湖沼はなく(かつて沼だった湿地帯はあります)、ところどころ湧水スポットがあるものの、河川を通じ、すぐに駿河湾に流れ出ます。

また、地表に湧き出ることなく、駿河湾に流れ込む水も多量だそうです。

ですので、駿河湾で捕れた魚は、富士山の幸!といってもよいと思っております。

トロボッチとは、駿河湾に面した沼津の漁師さんたちの間で使われる名称で、標準和名はアオメエソ、一般的にはメヒカリ。水深200メートル~400メートルの海に生息しています。

写真はトロボッチの唐揚げ丼で、お味は‥、mr.poraiの鈍い舌にはオスのカペリン(カラフトシシャモ)を少し濃くしたような味だと思えました。

富士五湖方面ではワカサギの唐揚げが美味しいですが、トロボッチの唐揚げも、決してヒケをとりません。

美味しく頂きました。

IMG_2550

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★水波霊魂学 動画

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html


★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
プロフィール

契山館 静岡分会

このブログの内容は契山館の公式な見解ではありません。書き込み者の自由な書き込みを期待する為に、内容については原則として分会は干渉していません。誹謗中傷など、誤解を受けるような部分がある場合等を除き、書き込みをする人達の見解を掲載しています

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
水波霊魂学 書籍集(ペーパーバック版)
















































※ Amazonにて販売中!中身の試し読みも可。

ギャラリー
  • なおいー写真紀行第36回、沖縄(その13)
  • なおいー写真紀行第36回、沖縄(その13)
  • 花粉の終わり(2019/04/16)
  • 花粉の終わり(2019/04/16)
  • 今日の富士山(2019/4/16)
  • 今日の富士山(2019/4/15)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ