今日はお天気が少し、曇り空に成ってきたので、そのタイミングで草刈りを行いました。

この時期に成ると、草の成長も勢いを増して、どんどん伸びていきます。

また草そのものも生活の支障に成りますが、いろいろな虫の発生にも繋がるので、やはり放って置く訳にはいきません。

放置すれば、大変な事に成ってしまいます。

今年は、一段と暑い夏という事で、外での作業は汗だくです。

いい汗かいた後のシャワーは、また格別な時期と言えます。

さて人は、草が生えれば、それを刈り取り、汗をかけば、シャワー浴びますが、霊的には、そうした事は必要でしょうか?

霊的にも、実は、日々、生きていると様々な低い幽気と接触し、低い霊魂の干渉を受けたりして、何もしなければ、段々と穢れが積み重なっていきます。

また、多くの人が穢れの積み重なったままの状態で居ると、世の中の幽的な気の質も下がっていきます。

そうすると、それに呼応するかのように、低い霊魂達がどんどん集まって来ます。

また低い霊魂も更に質の低い幽気を発するので、まさに悪循環の無限ループに陥ります。

それが良くないのは確かですが、今すぐに肉体や生活に影響が出るとは限りませんし、または影響が有っても無視してしまう、もしくは気付きもしないのが殆どなので、何の対策も為されず、解決もされません。

しかし、いくら無視をしても、発想を転換しても、霊的な現実は変わらないのでした。

やがては、この世の不幸や死後の不幸にまで繋がっていきます。

やはり霊的に穢れてきたら、清める必要が有ったのです。

霊的に清めるには、霊的トレーニング、つまり私達の場合、「神伝禊法(しんでんみそぎほう)」を行う事が最良と考えます。

「神伝禊法」は単なる水浴びや根性主義、健康法とは全く異なります。

特別な作法や言葉によって、高級な霊魂をお呼びした上で、水を媒体として、高級な霊魂方よりの力を受け取り、自らの幽体、更には魂をも清める霊的な技法と言えます。

故に、神主の行う禊、僧侶の行う滝行とも異なります。

要は、何かを媒体として、高級な霊魂方よりの力を受け取る事が出来れば良い訳で、媒体は水以外にも光や風でも良かったのです。

日本の古代には、そのような禊も有ったようですが、現代では聞いた事が有りません。

「神伝禊法」は、古代よりの禊の流れを現代の霊的環境に合わせ改良したものを、富士の神霊によって降ろされたものです。

それが「神伝」と言われる所以でもあります。

低い幽気が溢れ返り、普通に街を歩いただけでも、邪悪な霊魂と肩がぶつかってしまう程の時代。

霊的トレーニング、「神伝禊法」は、現代人、必須の霊的技法と言えます。

また、もし霊的トレーニングを行う人が増えるならば、世の中の凡ゆる、邪気、邪霊は排されて、天変地異や異常な事件も減っていく事でしょう。

先ずは、一度、以下の著書を読んで頂く事をお薦め致します。
                          ↓
『神伝禊法』-新時代の霊的トレーニング 水波 一郎著(電子書籍版)

※ 電子書籍なので、スマホやタブレット、パソコンでも読む事が出来ます。

https://www.amazon.co.jp/B07D316Q3L

★水波霊魂学 夏イベント開催中!(アンケート / 動画) 7/1~8/31

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10308753.html

★水波霊魂学 電子書籍集 (kindle版)

※ この度、水波霊魂学の電子書籍が刊行されました。是非、ご一読ください!

http://shizuokakeizankan.blog.jp/archives/10471322.html

★ブログランキングに参加中。クリック頂けると幸いです。
    ↓